セミナー.gif syousasshi.gif                                                              就職活動の面接もESもお任せ!就職活動トータル支援サイト [GAQOO(ガクー)]                banner_gaqoo.gif                                                                                                                       内定実績延べ3000人!≪人事の攻略ポイント≫をすべて公開!                                                                     【就職活動2011】楽!楽!内定塾

2009年05月27日

インターンシップは就活に有利!?

ブログを見て参考になったら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

現在、「就職活動に有利になるから」というような動機でインターンシップに応募する学生が多くいます。たしかに、インターンシップがきっかけになり、実際に就職活動時にインターンシップを受けた企業を受験して内定をもらったという実例を多く耳にすることがありますが、「インターンシップ」とは、はたして企業による学生の青田刈りなのでしょうか?
 実のところ、インターンシップは全く「内定」につながらないものであるということも、企業がインターンシップを行う目的が優秀な学生を早期に確保するための「青田刈り」であるということも言い切れません。確かに、インターンシップを人材発掘・確保の目的で行う企業も存在しますが、大部分の企業はインターンシップ

今日、言われ続けている「インターンシップを行うと就職活動に有利になる」という認識の根拠には「インターンシップの意義」と深く関わってくるといえます。そもそもインターンシップとは、アメリカなどで「学生に職場体験をさせ、社会に出てからも即戦力として十分通用するような力を身につけさせる」という目的で始められた制度でした。日本で行われているインターンシップもその理念を引き継いでいます。
 つまり、このような「学生が社会に出てから即戦力として通用するような力を身につける」という目的のために行われるインターンシップに参加した学生が、就職活動において社会経験が少ないインターンシップ経験のない学生よりも「企業が欲しがる」人材であることはいうまでもありません。「社会経験がある」ということは、社会経験がない学生との間に少なからず差異を発生させるということは必然であるといえるでしょう。
 ですが、インターンシップは参加するだけで実力が付くようなものではありません。あくまでも重要なのは「本人がどのような姿勢でインターンシップに臨むか」ということです。「より多くのことを知り、学ぼう」という姿勢をもってインターンシップに参加することは、後々に大きな価値を持つものであるといっても過言は無いでしょう。

ランキング参加中です♪1クリックお願いします!
best4.gif

posted by 内定塾 at 17:30| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。